エアリー・ウィッグHowTo

“ロシア人スケーター風”ウィッグの分け目を変える方法

大人気フィギュアスケートアニメより【生きる伝説!ロシア人スケーター】風ウィッグ作成方法をご紹介いたします。

使用ウィッグ

  • エンジェルボブ/シルバー詳しく見る
  • 毛束/シルバー詳しく見る

用意するもの

  • 発泡スチロールマネキン詳しく見る
  • カットハサミ
  • クリップ

手順

1

今回用意するのはこちらのウィッグ。
エンジェルボブ/シルバー

2

まずなんとなくで良いので分け目をつくります。左が8、右2ぐらいの割合です。

3

続いて、トップに分け目をつけていきます。手ぐしで分けながらつむじは気にせずに。

4

画像のようにドライヤーで熱を当てていきます。

5

頭頂部このような感じであとがつきました。

6

前からもドライヤーを当てて…

7

分け目が固定されました。

8

次に、カットしていきます。
まずは前髪から。 コームを画像のようにあてて大体の長さを決めて…

9

ハサミを縦に入れてカット。 反対側も同じようにしていきます。
右側のもみ上げの部分は画像のように少し残しておいてくださいね。

10

左も右も切り終わったら次は後ろ髪です。
後ろ髪を切る前に下の髪をダッカールで止めておきます。 エンジェルボブはトップの毛束と下の毛束で長さが違う箇所があるので、そこで分けました

11

もみあげはまだカットしないので残しておいて下さい。

12

目安は大体もみ上げの位置です。

13

サイドの髪の毛を基準の長さとして、サイド⇒後ろに向かってカットしていきます。

14

上部だけおかっぱカットしているイメージです。

15

こんな感じになりました。

16

続いて、後頭部のカットです。
ちょっと切りにくいので、画像のように毛束の下の部分を上下半分に分けます。

17

18

19

カットするとこんな感じに。

20

でもこのままだと、上のボブ部分と下の段がはっきり分かれてしまっているので更にカットをして馴染ませていきたいと思います。上の部分をスキバサミを縦に入れてカット。

21

境目の段差が目立たなくなりました。後ろは終了です。

22

次は途中までやっていた前髪を仕上げていきます

23

それではまず、左の前髪部分を少しとり逆毛を少し立てます。

24

写真のようにクリップがあると便利です。

25

立ちました。

26

前髪の立ち上がりをキープするため、また生え際をカバーするために、ここで毛束を使います。

27

毛束をちょうどいい長さにカットし画像のようにいくつか束を作成。これにハードスプレーをかけて待ちます。 早く進めたい場合はドライヤーで乾かしましょう。

28

乾かすと固まるので、その固まった毛束を生え際にグルーガンでつけていきます。 生え際のネットの部分から少しはみ出るぐらいに付けましょう。
※長さは付けた後に整えます。

29

つけるとこんな感じ。

30

次は右サイドに移ります。
右サイドは右に流れるようドライヤーで熱を与えます。 (見えてないですがドライヤー当ててます)

31

少し逆毛も立ててしまいましょう。

32

残していたもみ上げをカットして…

33

34

35

36

完成です♪